スズメバチやアシナガバチの巣が近い場合はハチ駆除業者に相談

女性と男性

効果的な時期や時間

ハチ

ハチの巣は森や林だけでなく家の側に作られることもあります。ハチの巣が近くに作られてしまうと非常に危険です。巣に近づく人に対して攻撃的になり、ハチに襲われる危険が出てくるからです。ハチの巣を見つけたら駆除業者に依頼して撤去してもらいましょう。ハチ駆除を行なう場合は適切な時期や時間帯があります。しかも、ハチの種類によって変わることがあるのでしっかり調べるといいでしょう。まず、アシナガバチの駆除方法です。アシナガバチは日中に活動し夜は動きません。そのため、深夜や朝の早い時間に駆除作業を行なうといいでしょう。日中に駆除を行なうと活発に活動しているため刺される危険性も高くなります。また、ハチを取り逃がしてしまう可能性もあります。アシナガバチは生き残ったハチが同じ場所に巣を作ろうとする場合もあるので一気に駆除したほうがいいのです。アシナガバチが活発に活動するのは8月から10月だといわれています。すぐに危険を感じないという場合は、活発になっているその時期を避けて駆除することをおすすめします。冬の時期は女王バチが冬眠しているので巣の中にハチがいないということもあります。ハチ駆除のチャンスでもあるのですぐに巣を撤去しましょう。4月の春先から夏にかけて、ハチが巣を作るので大きな巣が出来る前に駆除を行なったほうがいいでしょう。スズメバチの場合は丸い巣を作ります。巣ができあがる頃には女王バチが子どもを産み始めるのでハチの警戒心も強くなります。そうなってしまったときは大変危険なのですぐ市役所やハチ駆除業者に相談しましょう。ハチ駆除は自分だけでは危険なこともあるので専門家の意見を参考にしたほうがいいのです。

Copyright© 2016 スズメバチやアシナガバチの巣が近い場合はハチ駆除業者に相談 All Rights Reserved.